スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


民主党の2次公認候補者(読売新聞)

 民主党が発表した2次公認候補は次の通り。(敬称略)

 【選挙区】山形 梅津庸成(43)新、元防衛省職員▽福島 岡部光規(41)新、医師▽茨城 長塚智広(31)新、アテネ五輪自転車競技銀メダリスト

 ▽富山 相本芳彦(53)新、フリーアナウンサー▽長野 高島陽子(41)新、長野県議▽静岡 中本奈緒子(30)新、会社員

 ▽愛知 安井美沙子(44)新、政策研究機関研究員▽京都 河上満栄(38)新、衆院議員

 ※推薦(無所属)香川 岡内須美子(57)新、前高松市副市長

 【比例代表】下田敦子(69)現

<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後☆2(時事通信)
川端大臣「一社随契よくない。改善されることを期待」 理研の1社応札問題で(産経新聞)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)

国交省地方局係長、容疑で逮捕=中2女子にわいせつ行為−兵庫県警(時事通信)

 中学2年の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警神戸西署は31日、青少年愛護条例違反容疑で山口県周南市上村、国土交通省中国地方整備局係長高松英典容疑者(32)を逮捕した。同署によると、容疑を大筋認めているという。
 逮捕容疑は昨年12月25日午後2時すぎ、兵庫県三木市の駐車場に止めた乗用車内で、神戸市に住む13歳の中2女子の胸を触るなどし、わいせつな行為をした疑い。 

【関連ニュース】
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴
わいせつ致傷容疑で小学教諭逮捕=女子大生に馬乗り、胸触る
女性駅員に下半身露出=容疑で消防士逮捕
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け
新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟

赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査(医療介護CBニュース)
<民主党>参院選 河上衆院議員がくら替え出馬 議席減へ(毎日新聞)
<枝野担当相>独法制度廃止 大幅に再編へ(毎日新聞)
水俣病 和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
高齢者が地域社会で安心して暮らせる仕組みを―国交省がフォーラム(医療介護CBニュース)

<転落死>14階から3歳男児 東京・八王子(毎日新聞)

 26日午後4時45分ごろ、東京都八王子市八日町の14階建てマンション下の路上に男児が倒れていると110番があった。警視庁八王子署によると、男児はマンション最上階の14階に住む40代の男性の長男(3)で、病院に搬送されたが全身打撲で間もなく死亡した。同署は1人で室内にいた男児がベランダに置かれた荷物に乗っているうちに誤って柵(高さ約1.2メートル)を越え、約42メートル下の路上に転落したとみている。

 同署によると、男児は父母と3人暮らし。事故当時、母親は仕事で不在で、父親は買い物に出ていた。【野口由紀】

【from Editor】懐かしい音と言わないで(産経新聞)
避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)

奈良5歳男児餓死 両親を起訴 「認否」は明かさず(産経新聞)

 奈良県桜井市の男児餓死事件で、奈良地検は24日、保護責任者遺棄致死罪で、同市粟殿の会社員、吉田博容疑者(35)と妻のパート従業員、眞朱容疑者(26)を起訴した。地検は裁判員裁判の対象事件であることを理由に、両被告の認否は明らかにしなかった。

 地検によると、両被告は昨年9月、長男の智樹ちゃん(5)に十分な食事を与えず衰弱させ、その後も治療を受けさせずに放置し、今月3日に栄養失調死させたとされる。

 捜査関係者によると、両被告は長女(3)が生まれた平成18年12月ごろから、親族の借金問題などで夫婦関係が悪化。眞朱被告は「夫に顔が似ている」などと智樹ちゃんを虐待するようになり、昨年9月以降、1日におにぎり2個と水しか与えなくなった。

 博被告も眞朱被告の虐待を知りながら「妻に嫌われたくない」との理由で止めなかったとされる。

【関連記事】
奈良男児餓死 男児の悲鳴を住宅管理会社に連絡 騒音として処理
奈良県警、育児放棄期間特定へ 5歳男児餓死
餓死の5歳児、1日1食のみ 体重6キロで健診も受けず
5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 
埼玉、奈良で虐待死相次ぐ ニッポンの処方箋は
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<高校無償化>朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請(毎日新聞)
<将棋>中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
子供の夢収めたビデオカプセル、千葉県が紛失(読売新聞)
<シー・シェパード>抗議船船長の拘置延長(毎日新聞)
<たまゆら火災>彩経会のNPO法人認証取り消し 群馬県(毎日新聞)

「大大阪」に「鉄道模型」 橋下改革でやり玉の2考古博物館、生き残りを模索(産経新聞)

 国内唯一の弥生時代専門の博物館ながら、大阪府の橋下徹知事による改革で一時は廃止方針が打ち出された府立弥生文化博物館(和泉市)で、「大阪の20世紀」をテーマにした企画展が開かれている。同様に存続が危ぶまれた府立狭山池博物館(大阪狭山市)では24日から、鉄道模型展が開幕。それぞれ、古代史の殿堂のイメージを打ち破る“門外漢”のユニーク企画で集客を図り、生き残りへ懸命に知恵を絞っている。

 弥生文化博物館では22日まで、「大大阪」といわれた大正以降の大阪の移り変わりを当時の写真などで紹介。昭和45年3月に開幕した大阪万博の記念メダルなども展示している。

 同館は、国内最大級の弥生遺跡、池上曽根遺跡近くに平成3年2月にオープン。邪馬台国の女王・卑弥呼にまつわる特別展などを通じて弥生文化の情報発信拠点となってきた。

 しかし、橋下知事が20年2月に打ち出した府営施設の見直しで「廃止も含めたゼロベースの検討」を指示し、府立近つ飛鳥博物館(河南町)への統合が持ち上がった。その後「当面存続」となったものの、入館者数アップが至上命題に。入館者数は3年度の約11万6千人をピークに激減したが、21年度は4万9千人程度になる見込みで持ち直し傾向にある。

 同館は今回、入館者のすそ野を広げようと近現代の大阪に着目。太平洋戦争のコーナーでは、豊中市内で発掘された米戦闘機のプロペラなどを展示しており、「この戦闘機に追い回された」と懐かしげに語る高齢の来館者も。大阪万博の記念メダルの前で思い出話に花を咲かせる人も多く、古代史の展示会とは違った雰囲気に包まれている。

 金関恕(ひろし)館長は「弥生時代は国としての骨格が形成された時代。日本のアイデンティティーを考える上で博物館の役割は大きい」と強調。一方で「博物館は存続が完全に決まったわけではなく、身近に感じてもらうため工夫を凝らしたい」と話す。

 また、狭山池博物館は建築家、安藤忠雄さんの設計で、平成13年3月にオープン。ダム式ため池として国内最古の狭山池の歴史や土木技術を紹介している。入館者は17年度に6万8千人に落ち込んだが、昨年4月から府と大阪狭山市、市民団体との共同運営に転換し、世界の昆虫展など多彩な企画を展開。21年度は過去最高の9万3千人(3月16日現在)に上っている。

 24日〜4月4日には「鉄道模型ワールドin博物館」を催し、約2千の鉄道模型を展示。楠喜博副館長は「子供の来館が少なかっただけに、鉄道を通じて春休みに足を運んでもらい、博物館の魅力を知ってほしい」と期待を込めている。

【関連記事】
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に 
伊丹空港は廃止か存続か 橋下府知事と住民が激論
橋下知事2年、本紙意識調査 年長者に圧倒的支持 公務員には不人気
「いきなり府市解体」大阪市長が橋下構想に疑問
仕事始めで橋下知事「自治体改革のリーディングカンパニーに」

IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
昭和の「現代」を展示=千葉〔地域〕(時事通信)
放射線障害防止法にクリアランス制度−文科省が改正案(医療介護CBニュース)
乳児殺害の母、「首絞めてしまう」と3日前相談(読売新聞)
長谷川等伯展 29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)

郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)

 亀井静香金融・郵政担当相は17日午前、鳩山由紀夫首相に郵政改革の具体策について報告した。日本郵政グループの3社体制への再編や政府の出資比率の引き上げなどの方針が固まったためで、近く郵政改革法案を国会提出する。鳩山首相は報告を大筋で了承した。

 郵政改革では、郵政改革法案で日本郵政グループを再編し、現在の持ち株と郵便事業、郵便局の3社を「親会社」に統合。この親会社に対する政府の出資比率を2分の1超、親会社から子会社の金融2社に対する出資比率を3分の1超にして政府の関与を深める。

 貯金と保険の限度額はそれぞれ1000万円から3000万円に、1300万円から5000万円に引き上げるため、政令を改正する。郵政改革では郵便に加え、貯金、保険も全国一律サービスの対象にするため、そのコスト負担を理由に日本郵政側が限度額撤廃を求めていたが、信用金庫や信用組合など中小金融機関から「民業圧迫だ」と反発が大きいことに配慮した。

 報告後、亀井担当相は記者団に「首相の考えを聞いた。まったく私と一緒」と述べ、意見が一致したことを明らかにした。【望月麻紀、中井正裕】

【関連ニュース】
亀井郵政相:郵政見直し論議の密室批判に激高 参院予算委
枝野担当相:フリー記者に会見開放へ
自民党:中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で
選択的夫婦別姓:法務省が改正案概要 法相「覚悟決める」
日本郵政:郵便局内の仕切り、撤去を開始

たまゆら火災 発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず(毎日新聞)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)
市章が逆…1年半そのまんま 藤沢市保健所の営業許可書(産経新聞)
アカデミー賞 「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
<札幌7人焼死>5人目の身元を確認 74歳の女性入所者(毎日新聞)

民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か−三重(時事通信)

 15日午前11時ごろ、三重県鈴鹿市東庄内町、無職市川孝樹さん(48)方から出火したと、通行人から119番があった。約1時間後に消し止められたが、焼け跡から2人の遺体が見つかった。市川さんと祖母よしさん(84)が行方不明になっており、県警鈴鹿署は、遺体は2人とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。
 同署によると、市川さん方は木造戸建てで、市川さんの母ひな子さん(71)も暮らしていたが、無事が確認された。 

【関連ニュース】
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か
2遺体、胸に銃創か=1階に拳銃様の物も-4人死亡の民家火災・群馬
民家火災、4人死亡=石材業男性の一家か
中3生ら連携し、女児2人救出=民家火災、下校途中に
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災

民主・藤田一枝議員、寄付700万円記載漏れ(読売新聞)
4人組強盗、1人確保=東京・兜町の会社(時事通信)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
「北陸」と「能登」にお別れ、「撮り鉄」集合(読売新聞)
<訃報>佐伯旭さん92歳=元シャープ社長(毎日新聞)

<覚せい剤>被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁(毎日新聞)

 覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反の罪に問われた岐阜市鏡島の会社員、小林高被告(47)に対し、岐阜地裁は16日、無罪(求刑・懲役2年、罰金20万円)を言い渡した。田辺三保子裁判長は「覚せい剤を譲り受けたとされる女性の供述内容が変遷しており、記憶は相当混乱していると認められ、信用することはできない」とした。

 小林被告は08年4月16日、岐阜市のJR岐阜駅付近の路上に駐車中の車内で、岐阜県可児市の女性に覚せい剤約0.4グラムを2万円で譲り渡したとして、同年10月に起訴された。

 弁護人によると、小林被告は「当日の記憶がないので、やっていない」として、一貫して無罪を主張していた。【鈴木敬子】

【関連ニュース】
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張
中村耕一容疑者:尿から覚せい剤成分 使用でも立件へ
中村耕一容疑者:「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述
中村耕一容疑者:大麻やコカイン、自宅から押収
覚せい剤所持容疑:「JAYWALK」のボーカリスト逮捕

【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(3)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)
<NEC部長自殺>業務と関係と労災認定 東京地裁判決(毎日新聞)
「密約」有無、政府見解出さず=岡田外相(時事通信)
【from Editor】世紀を超えるエネルギー(産経新聞)
東京都の2次元児童ポルノ規制、ちばてつやらが反対の記者会見(産経新聞)

橋下知事もママチャリ走行、第2京阪最新区間(読売新聞)

 京都と大阪を結ぶ第2京阪道路が20日に全面開通するのを前に、最新区間約15キロ(大阪府門真市〜枚方市間)を自転車で走る「大阪サイクルイベント」(府など実行委員会主催)が14日開かれ、抽選で選ばれた約2500人が自動車専用道路で一斉にペダルをこいだ。

 スポーツ自転車(往復約30キロ)と一般自転車(同約10キロ)の2コース。大阪府の橋下徹知事がイベントを発案し、約1万1800人から参加の応募があった。

 “ママチャリ”で参加した橋下知事は「第2京阪道路は関西の活性化につながると確信した」と満足げ。大阪市此花区の小学5年、大林玄虎(たいが)君(11)は「高速道路に立つことはないので、路面にも触れてみた」と喜んでいた。

ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開(産経新聞)
<東文研>確認前に「お墨付き」 クモ発生の新潟市美術館に(毎日新聞)
氷河湖拡大、定説に風穴? 京大院生「温暖化」覆す故郷ネパール命がけ調査(産経新聞)
在宅だけでは「限界」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
<太陽>黒点の「たね」発見 両極に強い磁場(毎日新聞)

女性殺害の「別れさせ屋」に懲役15年(読売新聞)

 離婚工作などを請け負う「別れさせ屋」として近づいた女性(当時32歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた元探偵会社社員桑原武被告(31)の判決が9日、東京地裁であった。

 合田悦三裁判長は「うそを重ねて殺害しており、あまりにも自己中心的で酌むべき点はない」と述べ、懲役15年(求刑・懲役17年)を言い渡した。

 判決によると、同社は2007年5月、女性の当時の夫から依頼を受け、桑原被告は職業などを偽り、女性に接近。女性が同11月に離婚した後も交際を続けたが、09年1月頃から、別れさせ工作だったことや桑原被告に妻子がいたことが発覚。

 同4月、同居していたマンションで女性から責められたことに腹を立て、女性の首を絞めて殺害した。

 判決は、別れさせ工作について「金目当てで工作に及ぶ者や、目的のために手段を選ばずに依頼する者がいるのは甚だ遺憾だ」と述べた。

国後沖銃撃、僚船14隻も船位装置停止認める(読売新聞)
<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)
<奈良県警>捜査員が組員から現金授受か(毎日新聞)
「自殺」装い夫殺害容疑、妻ら5人逮捕(読売新聞)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理・自己破産
競馬サイト
クレジットカード現金化 即日
現金化
モバイル ホームページ
ブラック キャッシング OK
情報商材
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    みっくみく (08/29)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ちょーたん (12/14)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/27)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM