スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


参政権、今国会見送りも=「間に合うか分からない」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は2日夜、永住外国人に地方参政権を付与する法案について「今国会に間に合うか分からない」と述べ、通常国会への提出を見送ることもあり得るとの認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相はまた、同日行った小沢一郎民主党幹事長との会談で、同法案に関して連立与党内ですり合わせをしていくことで一致したことを明らかにした。会談で小沢氏は「(同法案は)時間がかかっても、自分としては大事なテーマだと思う」と発言したという。 

毎日俳句大賞 隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)
首相、普天間で沖縄への説明「遠くない時期」(産経新聞)
長妻厚労相名で日医に提言求める文書(医療介護CBニュース)
<素顔の巨匠>手塚治虫、赤塚不二夫さんの長女 親交深い2人が対談 父の秘話語る(毎日新聞)
金融2社に「3分の1超」出資へ=改革新法で−郵政持ち株会社(時事通信)

イノシシ猟、5m後ろから一粒弾撃たれ死亡(読売新聞)

 7日午後1時10分頃、長崎県南島原市北有馬町の山中で、イノシシ猟をしていた同市有家町、農業末吉昌彦さん(62)が撃った散弾銃の弾が、約5メートル手前にいた同所、無職小川英昭さん(66)に当たった。

 弾は背中から左胸に貫通し、小川さんは失血死した。

 県警南島原署は業務上過失致死容疑も視野に入れて調べている。

 発表によると、末吉さんが撃った弾は、イノシシや鹿などの狩猟用に使われる「スラッグ弾」。大玉の一粒弾で飛散せず、通常の散弾に比べて破壊力が大きいという。

 2人は猟銃免許を所持。午前9時頃から一緒に猟を始めた。調べに対し、末吉さんは「約20メートル先にいたイノシシを狙って発砲したら、手前に小川さんが出てきた」などと話しているという。

<大津波警報>太平洋沿岸に高さ1〜3m 気象庁が発令方針(毎日新聞)
スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに(産経新聞)
政労が4月上旬トップ会談で調整 雇用問題めぐり政策協議(産経新聞)
<偽1万円札>関東で数百枚発見 日本人2人関与か(毎日新聞)

<奈良5歳児餓死>逮捕の母親 夫から日常的に暴力(毎日新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹君(5)が十分な食事を与えられず餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親のパート店員、真朱(まみ)容疑者(26)が、夫の博容疑者(35)からドメスティックバイオレンス(家庭内暴力、DV)を受けていたことが関係者への取材で分かった。真朱容疑者は「長男の顔が夫と似ていて腹が立った」と供述しているが、DVが虐待の引き金になったとみられる。

 両容疑者は03年5月に結婚し、04年7月に智樹君が生まれた。関係者によると、真朱容疑者は長女を妊娠中「夫に腹をけられた」と訴えてきたといい、DVを継続的に受けていた可能性がある。さらに博容疑者は、妻が他の男性と親しくしていると疑い、つきまとうようになった。元同僚の主婦(38)らによると、真朱容疑者は夫について「コンビニに行く時も、監視するようについて来る」と漏らし、元上司の男性(48)にも「夫はストーカーみたい」と話し、不満を募らせていた。

 捜査関係者によると、真朱容疑者は約3年前から夫と不仲になり、「うっ憤がたまった時に、長男が夫のように見えてくる」と供述しており、夫のDVやストーカー的な行動に対する怒りや不満が、長男への虐待につながった可能性が浮上している。真朱容疑者は「私が母親じゃなかったら元気で育っていたと思う」と言い、泣きじゃくったという。

 智樹君の葬儀は5日、桜井市内で親族だけで営まれた。【上野宏人、山崎一輝】

【関連ニュース】
5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良
石巻2人刺殺:宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ
石巻2人刺殺:DV施設、数日で退所 元交際女性「復縁」
発信箱:恋愛教育=磯崎由美(生活報道部)

野口飛行士 宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
南方英二氏死去(お笑いグループ「チャンバラトリオ」メンバー)(時事通信)
首相動静(2月25日)(時事通信)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定−気象庁(時事通信)
諫早湾干拓、与党3党加えて協議へ=農水相(時事通信)

借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)

 鳥取県の男性不審死で、トラック運転手矢部和実さん=当時(47)=殺害容疑で再逮捕された元スナック従業員上田美由紀容疑者(36)が、事件数日前に矢部さんから借金返済を求められ、「待ってほしい」と伝えていたことが4日、分かった。上田容疑者と同居していた男(46)=詐欺罪などで起訴=が弁護人に話しているという。
 鳥取署捜査本部は動機について、上田容疑者が生活費名目で矢部さんから借りた270万円の返済をめぐるトラブルとみて、詳しく調べている。捜査関係者によると、上田容疑者は認否を含めて黙秘している状態という。
 上田容疑者は昨年4月4日、矢部さんに睡眠導入剤を飲ませた上、同県北栄町の日本海で水死させ殺害したとされる。
 弁護人によると、男は事件の数日前、上田容疑者と一緒に矢部さんと会った。その際、同容疑者は矢部さんに借金の全額返済を求められたが、「待ってほしい」などと答えていたという。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
別の男性強殺容疑で再逮捕=上田容疑者、借金でトラブル
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査
運転手殺害で再逮捕へ=容疑者宅を連日捜索

<妊婦転送死訴訟>遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を(毎日新聞)
避難の徹底呼び掛け=鳩山首相(時事通信)
津波警戒で情報連絡室設置=政府(時事通信)
<弁護士脱税>大阪の会社役員を共謀容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦 挑戦リーグの結果 25日(毎日新聞)

ボールペン型カメラでスカート内盗撮 容疑の3等陸曹を逮捕 (産経新聞)

 女性のスカート内を盗撮したとして、陸上自衛隊通信団の市ケ谷駐屯地に所属する男性3等陸曹(26)が、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で昨年12月に逮捕されていたことが25日、警視庁新宿署などへの取材で分かった。陸曹はすでに釈放され、罰金40万円の略式命令を受けている。

 逮捕容疑は、昨年12月2日午後2時ごろ、新宿区内のコンビニで、近くにいた女性のスカートの中をボールペン型カメラを使って盗撮したとしている。

 陸自東部方面総監部によると、陸曹は内部調査に「欲求を満たすためにやった。同様の行為を100回以上やった」と説明。この日は非番で、映画を見るために1人で新宿へ行っていたという。

 陸自は今月24日付で陸曹を停職38日の処分としたが、陸曹は依願退職の意向を示している。

【関連記事】
3月定年前に…駅でスカート内を盗撮、北海道警警視を逮捕
女性のスカートの中を盗撮の大阪・鶴見署の元巡査を送検
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
タイガータウン緊迫…スタンドで盗撮騒動
警官夫婦が地下鉄での盗撮を目撃 容疑の男逮捕

時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定−法制審(時事通信)
<強盗>「すき家」2店被害、栃木90万円、埼玉は69万円(毎日新聞)
<温暖化報告書>IPCCが独立委設立 作成手続きを再検討(毎日新聞)
桜島 「ドカ灰」垂水市に集中 農作物の被害深刻(毎日新聞)
<わいせつ>取調室で被害女性に行為の疑い、警部補を逮捕(毎日新聞)

九州の駅弁ランキング発表=福岡〔地域〕(時事通信)

 JR九州は23日、「九州の駅弁」ランキングを福岡市の本社で開催した品評会で発表した。1位には3年連続で、森の弁当やまだ屋(鹿児島県霧島市)の「百年の旅物語『かれい川』」(嘉例川駅などで販売)が選出された。
 2009年10月〜10年1月に50種類の九州の駅弁を対象に一般客約1万3000人からアンケートはがきで投票を実施。上位10種類の駅弁をこの日の品評会で唐池恒二・同社社長や料理研究家らの審査員が試食して審査した。
 森の弁当やまだ屋の山田まゆみ代表は表彰式後、「都会の人も懐かしい思いで食べてもらいたいと思って作った。(素材の)生産者の人たちにも喜んでもらえると思う」と話した。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕駅構内に地産地消ビストロ=長野県
〔地域の情報〕150キロの巨大鏡もち展示=京都
〔地域の情報〕「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市
〔地域の情報〕森田知事が食と花をトップセールス=千葉
〔地域の情報〕ハートのせんべいでバレンタイン=埼玉県草加市

リコール中の三洋テレビで重傷事故=持ち手外れ落下、58件−消費者庁(時事通信)
<殺人容疑>夫が妻を? 静岡・掛川(毎日新聞)
長妻厚労相と社保審委員らが異例の意見交換(医療介護CBニュース)
関西ペイント、河盛専務が社長に就任へ(レスポンス)
大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)

敦賀原発1号機、40年超え運転へ=福井県知事、地元市長が容認(時事通信)

 福井県の西川一誠知事と河瀬一治敦賀市長は21日、3月で運転開始後40年を迎える日本原子力発電所の敦賀原発1号機(福井県敦賀市)について、2016年までの運転継続を容認する考えを、それぞれ明らかにした。既に容認を決めた国に次いで、地元自治体も受け入れ姿勢を示したことで、同1号機の運転継続が確定。運転開始から40年を超える原発は国内で初めてとなる。
 河瀬市長が同日、西川知事に面会して受け入れ方針を伝え、知事もこれを了承した。県は、22日に日本原電に意向を伝える。 

【関連ニュース】
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
福島県がプルサーマル受け入れへ
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年
核廃絶に意欲=「ゼロ達成の方法模索を」-IAEA事務局長
中部電、浜岡原発周辺市の病院整備費などを一部負担へ=プルサーマル計画実施で

<病児保育>10年度補助増額へ 小規模施設手厚く 厚労省(毎日新聞)
<指定暴力団>稲川会の角田会長が病死(毎日新聞)
元銀行マン、中医協に新たな風を(医療介護CBニュース)
17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に−時事通信まとめ(時事通信)
公明、露骨な民主寄り 介護政策提言 代表、協力姿勢を強調(産経新聞)

上場株のインサイダーで逮捕=相場操縦事件の会社役員ら−大阪地検(時事通信)

 ユニオンホールディングス株の相場操縦事件で逮捕・起訴された会社役員河野博晶容疑者(67)が、東証2部上場の試験機器メーカー「テークスグループ」(神奈川県相模原市)の増資をめぐりインサイダー取引をしたとして、大阪地検は25日、証券取引法(現金融商品取引法)違反容疑で同容疑者ら3人を逮捕した。地検によると、3人は容疑を認めているという。
 ほかに逮捕されたのは、会社役員佐藤智之(47)、同久次孝幸(44)両容疑者。
 逮捕容疑は、テークスの第三者割当増資の実施を決定した河野容疑者らが、2008年9月1日の公表前にテークス株を買い付け、その後新株発行の一部失権が公表される前に同社株を売り付けて数千万円の利益を得た疑い。
 地検によると、河野容疑者はテークスの大株主で、実質経営者。同社は同19日、リーマンショックの影響で大口の出資先が払い込みをキャンセルしたため、予定額を下回ったと発表した。 

【関連ニュース】
別会社株でインサイダーの疑い=相場操縦事件の会社役員
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男
早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件

ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ(産経新聞)
再編にらみ 自民に火種 攻勢も支持回復つながらず…(産経新聞)
<食の安全事件>78%増、産地偽装表示の摘発34件(毎日新聞)
<オウム事件>新実被告の死刑確定(毎日新聞)
高速道無料化 海外では 渋滞回避が大原則/混雑課金導入も(産経新聞)

現場の目線に立った医療行政を―レセオンライン訴訟が終息(医療介護CBニュース)

 法律ではなく、厚生労働省令で定めたレセプト(診療報酬明細書)のオンライン請求義務化には従う義務がないことの確認を求めた行政訴訟の第4回口頭弁論が2月22日、横浜地裁(佐村浩之裁判長)で開かれ、神奈川県保険医協会の会員開業医を中心とした原告団と国が訴訟取り下げで合意した。原告団の小賀坂徹弁護士は取り下げに当たっての意見陳述で、今後は医療現場の目線に立った医療行政を行うよう求めた。

 2006年4月の改正厚労省令で定められたレセプトのオンライン請求義務化は、昨年11月施行の改正省令で撤回されており、原告団は訴訟を取り下げる方針を示していた。

 小賀坂弁護士は意見陳述で、「行政がいったん決定した政策を、その実行前に撤回することは極めて珍しい。英断であり、その意味で政府、厚労省に敬意を表したい」と述べた。しかし、医師会や保険医協会のアンケートで、医療機関の1-2割が廃業せざるを得ないと答えたにもかかわらず、義務化を厚労省令によって強行しようとしたことは「異常だと言うしかない」とし、「これだけの重大な問題を、厚労省が省令改正という手続きで強行しようとしたことは、法律家として信じられない思いがした。このことが立法事項であることは、誰の目から見ても明らかだったのではないか」と述べた。
 その上で、「医療現場の実情を全く無視して、役所の都合、思惑だけを押し付けるやり方は、オンラインの義務化の問題にとどまらず、これまでの医療行政全般の特徴だった」とし、「医療現場、そして医療を受ける国民の目線に立った医療行政が今後行われることを強く要望する」と語った。


【関連記事】
レセプトオンライン化訴訟、終息へ―神奈川原告団
電子媒体での請求も「原則」の請求方法に―厚労省令改正
オンライン請求の義務化撤回求め初の提訴へ
レセプトオンライン化には「太陽政策」を
「オンライン請求義務化は実現不可能」

首相、廃止の民主政調「復活させず」(産経新聞)
普天間移設、米上院小委員長「複数の選択肢ある」(読売新聞)
強い用心棒? 前田氏が小沢氏と面会(産経新聞)
訃報 藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)

参院京都で2人目擁立=民主府連(時事通信)

 民主党京都府連は21日、夏の参院選京都選挙区(改選数2)に、新人で村井宗明衆院議員の私設秘書の猪奥美里氏(29)を擁立することを決めた。22日に党本部に公認申請する。府連は既に現職の福山哲郎外務副大臣(48)の擁立を決めており、猪奥氏は2人目の候補となる。 

明石の歩道橋事故取り調べ、全面可視化の意向(読売新聞)
危険度最高レベル?のソマリア アグネス・チャン視察に論議(J-CASTニュース)
<雑記帳>声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)
<大学入試>龍谷大、欠席者に「合格」通知(毎日新聞)
労組の違法献金「許されぬ」=鳩山首相(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理・自己破産
競馬サイト
クレジットカード現金化 即日
現金化
モバイル ホームページ
ブラック キャッシング OK
情報商材
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    みっくみく (08/29)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ちょーたん (12/14)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/27)
  • <参院選>守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM